それでも、トラブルが起きたら~虫歯で歯が無くなりそう①~

今回からは、虫歯で穴が開いてしまった状態が気づかないうちに進行していて歯を抜かないといけない場合です。

その時にも、まずは抜かずに対応できる方法があるかどうかを検討します。

ただ、その時に気を付けていることは、

無理やり適当な型どりをして適合の悪い被せものなどで残す

ということはしないようにしています。

被せものを長く口腔内で機能させるためのルールがあります。

 

被せものを維持していくためには「フェルール」というものが必要になりますが、このフェルールを無視して治療をしてあることが多くあり、そのために被せものが土台ごと外れてくることが多いのです。

なぜフェルールを無視するのかというと、フェルールを確保しようとするとほぼすべての歯で矯正の技術や外科の技術が必要になるからです。

この治療を「面倒・手間」と思うかどうかです。

次回は、どのようにこのフェルール獲得をしていくかの実際についてです。