一般歯科(虫歯・歯周病)

予防治療

細菌のバランスを整える

口腔内は多くの細菌がお互いに影響を与えながら活動しています。予防治療は、それらの細菌のバランスを整えることを目的にしています。

細菌のバランスが崩れている方は口腔内に虫歯や歯周病として出ています。このバランスを整えるために虫歯・歯周病治療を行います。細菌のバランスが崩れていない方は、今後もバランスが崩れていかないように一緒に管理をしていきます。

細菌のバランスを整えるために、プロバイオティクスという考え方を取り入れています。
プロバイオティクスとは、口から摂取され、腸内フローラ(細菌叢)のバランスを改善することにより有益な作用をもたらす微生物のことです。
当院では、母乳由来の乳酸菌(ロイテリ菌株)のタブレットを使用して、腸内だけではなく、口腔内の細菌の安定を計ることをお勧めしております。

予防治療に重要な定期的な歯科受診にも力を入れております。
歯周病には完治が無いため、定期的な受診でプロによるケアを受けていただくことにより、定期的に口腔内の細菌バランスを整えていただくことが重要です。