小児歯科

虫歯治療

治療だけでなく『歯科嫌い』な子供を作らないよう努めます。

子供は大人のミニチュアではありません。子供の期間は大人になった時に健康な口の中を手に入れるための重要な期間です。大人になってからでは後戻りできないため、この時期にやるべきことを徹底してやっていきたいと思っています。

小児で問題になるのは虫歯です。
生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には、細菌はほぼいません。

母親の母乳授乳やいろんなところをなめたりして、外から口腔内へ細菌が入ってきます。
虫歯菌も同様に2歳くらいまでに、大人からうつってきます。
そのため、虫歯が3~4歳ごろに好発すると報告されていますが、それは2歳までに虫歯菌感染をしてしまったことによると考えています。

そのため、虫歯の治療が必要になりますが、治療するだけではなく、その先の『歯科嫌い』な子供を作らないように対応することに努めています。
そのためには、痛みや腫れによって緊急な処置が必要なければ、トレーニングをして治療に理解が示され、お子さんが進んで治療するまで一緒に寄り添っていくことが必要だと考えています。

このトレーニングにはお子さんと一緒に来院される大人の協力なくしてはできません。
お子さんをせかせたり、脅迫したりしては前に進みません。
付き添いの大人も気を長く持って、寄り添っていただきたいと考えています。

治療ができるようになれば、虫歯の治療をしていきますが、当院ではラバーダム防湿をして治療するようにしています。
小児治療においては、いつ何時動くかわからないため、口腔周囲の保護のためにラバーダム防湿を行います。
ただ、お子さんにこの趣旨のことを説明しても理解できないため、当院の場合は、「虫歯バイ菌を飲み込まないためにゴムのマスクをするよ。」と説明します。

ラバーダム防湿ができてしまえば、あとの治療は簡単に終わります。
喉に水が流れて来ないため、途中からお子さんが寝てしまうことが多いです。