小児歯科

予防治療

細菌のバランスを整える

長い成人期間を健康な歯で過ごしていただくために、小児時期と言われる短い期間で準備をします。この準備のお手伝いをするために0歳児からの受診をお勧めします。『歯医者に健診に行こう!』という習慣を持ってもらえるように取り組んでいます。また、歯並びも同様に『予防矯正』という考え方で取り組んでいます。

口腔内は多くの細菌がお互いに影響を与えながら活動しています。予防治療は、それらの細菌のバランスを整えることを目的にしています。

細菌のバランスが崩れているお子さんは、虫歯という症状で現れます。
子供の口腔内のコントロールは養育する大人によってコントロールされます。
大人の自分自身のコントロールが悪ければ、その影響が子供へいきます。
まずは、お子さんと一緒に大人も予防治療へ取り組みましょう。

子供は歯周病の重症な状態にはなりませんが、歯茎が腫れたりする歯肉炎にはなります。
細菌のバランスを整えてあげることで、すぐに正常な状態に戻ることが子供の特徴です。
そのためには、周りの大人が手助けしてあげる必要があります。
それでも、プロではないのでうまくフォローできないところも出てくるでしょう。
その時のために、歯科のプロである歯科医院での定期的なケアが必要になります。

子供の矯正治療はこの予防という観点から必要だと考えています。
歯並びが綺麗なだけで、歯ブラシがしやすい口腔環境であります。
また、昨今は呼吸の観点からの予防矯正の必要性も言われるようになってきています。
呼吸がからんだ予防矯正は子供の成長期に行うことが成人してからの利点となります。
「いびき」がキーワードになりますが、いびきをかく原因として軌道が狭くなっていることが原因で起こる場合があります。そのような、狭い気道を改善するための予防矯正です。