一般歯科(虫歯・歯周病)

メタルフリー治療(セレック治療)

治療後の再感染を予防します。セラミックの歯で、金属アレルギーの方にやさしい治療です。また審美的にも自然な歯に近くなります。

虫歯になってしまった場合、歯の一部が欠損となります。その一部の欠損を補うための治療として詰め物や被せものにセラミックを使った治療をします。

歯と詰め物および被せものが化学的に一体とならないような治療は、これらの下に細菌が侵入してしまい、再感染を起こします。治療をしたのに、将来治療をしたところから悪くなるというのが、従来の治療なので、そのようにならない治療をお勧めしています。

治療をしていないところのほうがきれいじゃないですか?
歯は削らない方が長持ちすることは、ご存知のことだと思います。
致し方なく治療のために削らなければいけなくなった場合でも、セレック治療であれば将来の不安はありません。

また、セレック治療では1回の来院で治療が終了することが多いので、従来の方法のように型どりをして次回の予約時に金属を入れるということが少ないため、仮の蓋で帰るということもありません。
それが、再汚染の予防にも繋がります。
ただし、初診時はどのような状況か分からないため、セレック治療を受けていただくことが難しい場合があります。

▼セレック治療の詳細についてはこちら
https://irinaka-dc.com/cerec/