一般歯科(虫歯・歯周病)

根管治療

根管治療で将来の感染を防ぎます

根管(歯の根っこの中)は目で見えることができません。薬液と超音波を使用して根管内を薬液消毒します。

根管とは、歯の中にある神経や血管が通っている管のことです。この管は、水道管のようにまっすぐにあるわけではなく、網目状に細かく張り巡らされていたり、曲がっていたり、1つとして同じ根管はありません。

そのため、図にあるような治療で使用するファイルという器具だけでは感染したものを綺麗にできないのは一目瞭然です。

では、どのようにするのでしょうか?
薬液と超音波を使用して根管内を薬液消毒します。
根管内に薬液を浸した状態で超音波を発生させると対流が生まれ、その対流によって薬剤を還流させ消毒します。

では、どのようにするのでしょうか?
薬液と超音波を使用して根管内を薬液消毒します。
根管内に薬液を浸した状態で超音波を発生させると対流が生まれ、その対流によって薬剤を還流させ消毒します。

根管治療を成功に導くために一番大切なことは、いかに根管内に唾液(つば)を入れないように治療を進めるということです。
写真のように周りから水が滝のように入ってしまっては、下を歩いている人は水浸しになってしまいます。

そのようなことにならないように当院では、ある特殊な器具を使用して、唾液を根管内に入れないようにします。
そして、歯科用マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の普及により、使用しないで根管治療をするよりもかなり精度が高くなり、根管治療の予後も良くなります。
アメリカでは根管治療の専門医はマイクロスコープの使用が義務付けられるくらい根管治療において必需品となっています。
残念ながら、当院ではまだ導入できていないため、マイクロスコープでの治療をご希望の方は提携している歯科医院をご紹介いたします。