それでもトラブルが起きたら~虫歯で歯が無くなったら⑥~

前々回、前回と欠損したところに人工の歯を入れる方法を紹介しています。

今回は、インプラント治療となります。

インプラント治療はフィクスチャー(人工歯根)とも言われるチタン製の筒のようなものとアバットメント(支台)、上部構造(人工歯)からなっています。

そのために、あごの骨にフィクスチャー(人工歯根)を埋め込む手術が必要になります。

その反面、前後の歯には影響を受けない、影響を与えないというメリットもあります。

詳細な情報は治療説明時には行いますが、この場では他の先生方が多くの情報を出しているので割愛させていただきます。

どんな治療を方法を選択するにせよ、なぜ欠損になってしまったのかの理由を考えその対処をしなければ、また同じ負の連鎖を別の歯が被るので、当院ではその原因としっかりと向き合って、改善していただくことを目標としています。