それでも、トラブルが起きたら~虫歯で穴が空いたら③~

今回は、コンポジットレジン修復では対応できないような大きな穴が開いてしまった場合の対応です。

大きな穴の場合には基本的にはセラミック修復をお勧めしています。

セラミック修復でもいろいろな方法があると思いますが、当院では仮蓋を可能な限りしないように当日修復を心がけています。

その為、セラミック治療を1回の来院で終わらすために1回の治療時間は長くなります。

歯にはこの方法が一番いいと信じてやっています。

当院では、虫歯がある場合にはまずコンポジットレジンを使用して仮詰めをします。

麻酔が切れた後に、歯の中の神経が正常に機能しているかどうかを確認した後、セラミック修復します。

セラミック修復は1回で終わらせるようにします。