それでも、トラブルが起きたら~虫歯で歯が無くなりそう②~

今回は、どのようにしてフェルールを確保するのかを実例を見ていただきます。

図の一番左のように、虫歯で歯の歯冠(歯の頭の部分)が無くなってしまい、被せものをするときに重要なフェルール(前回説明)を獲得することができなくなってしまった場合、

図の真ん中のように、ワイヤーとゴムを使って歯を引っ張り出します。

これを矯正的歯冠長延長術といいます。

そして、この図の右端のように歯だけが出てきてくれればいいのですが、歯茎や歯を支えている骨も一緒についてきてしまいます。

なので、矯正的に歯を引っ張た後には歯茎を整えてあげたり(歯肉整形)、歯を支えている骨を削ったり(骨整形)が必要になります。

こうすることによって、被せものをするときに必要なフェルールを獲得することができます。

ちなみに、前歯であれば見た目があるので、前歯には仮歯を貼り付けます。

 

歯を引っ張り出すのには、もう一つ別の方法がありますが、それは次回お話しします。